FC2ブログ
ポルカが実際に読んだ本や気になる書籍をご紹介しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ
筑摩書房 刊
発売日 2000-11-09


お金がお金を呼ぶ流れを教えてくれる 2007-05-05
金持ちとは何か「たっぷりお金をためこんでいる人」のようなイメージがありましたが、この本を読むとむしろ、「お金がお金を呼ぶような流れをうまく構築できている人」のことであり、また「得たお金を逃がさないノウハウを持っている人」のことだと思い直しました。こうした流れに自分をおくためにはファイナンシャル・リテラシーを高め、旬な情報をキャッチし、勇気を持って実際に投資などの行動することが必要であるとし、多くの人はこれをしないがためにいつもわりをくっている、もっと「うまく」やれるはずだ、と著者はいいます。そのまま実践できるかどうかはともかく、いまのままの自分では今後もいわゆるラットレースで必死になる人の群れに属するのがおちなんだろうなあというふうに現実認識させられたという意味でパンチ力があり、私を当分揺さぶるものと見込まれます。著者の考えは、こつこつ稼ぐ思想と対極をなす考えがベースにあるので、まじめな人にとっては不愉快も大きいかもしれませんが、良くも悪くも資本主義社会とはうまくやって得するひともいれば損する人もでる社会ですからね。とりあえず「金持ち側からのお金の見方」を知っておいても損はないんじゃないでしょうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫





PR:誰でも出来る資産倍増システム売買マニュアル
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。